お酒の巧妙な効力

少量のお酒ならば心臓にも良い

心臓の機能が低下してしまうことにより、動悸や目まいが表れ呼吸まで困難になってしまう、心不全という症状があります。心不全は環境さえ整えば誰にでも起こりうるものであり、常日頃より健康には気を配っておくべきです。健康に対してあまり良いイメージのないお酒ですが、実はお酒も上手に摂取することで健康に一役買ってくれるのです。一日にコップ一杯のお酒を嗜む程度に飲む人は、アルコールを一切摂取しない人よりも心臓が健康であることが知られています。つまりは一日に一杯のお酒を飲むことで心不全の可能性を減らすことが出来ます。大学での研究結果によると、一日に一杯のみお酒を摂取した人と一切お酒を飲んでいない人とで比較したときに、一切飲まなかった人は男性で20パーセント、女性で16パーセントも心不全になる恐れが高かったそうです。しかしお酒が健康に良いからといって飲みすぎると逆に身体への悪影響を及ぼします。適正な量としてはワインで換算するとグラス一杯より少し少ないくらいが丁度よい量だとされています。